オタネコドットコム

17卒だけど3ヶ月で退職した23歳が色々やってみるブログ

はじめたぞーッッッッッッฅ^•ﻌ•^ฅ

 

f:id:catsnekuragirl:20170701220235p:plain

 

はじめまして。

オタネコと申します。

 

今年の4月から新社会人になりました23歳の女です。

 

現在大手の某不動産会社で働いております。

 

…が

 

 

すでに辞めてえ(^q^)

 

辞めたい以外の感情がねえ(^q^)

 

 という感じでございます。

 

本当に毎日1000回くらい辞めたいって思ってますね。

 

まだ入社して1ヶ月も経ってないのに何故こんなことになってしまったのか…

 

日々の会社での出来事、私が感じたこと…などなど色々なことをこのブログに書いていこうと思います。

 

それではまず、第一号の記事ということで自己紹介をさせて頂きます!

 

 

私は23年前に埼玉県のとあるところで生まれました。

 

小さい頃から口数が少なく、恥ずかしがり屋で人見知りが激しい性格でした。

 

幼稚園の年中から小学2年生まで父の仕事の都合でロンドンに住んでいました。

 

しかし、幼稚園も小学校も日本人学校だったのでそこまで英語は話せるように

なりませんでした。

 

いまだに、現地校に通っていれば今頃ペラペラだったよなあ…と後悔します。

 

ロンドンに住んでいたということもあって、ありがたいことに当時はヨーロッパを中心に色んな国に連れていってもらいました。

 

今でも海外旅行や外国の文化が好きなのはこの頃の体験が影響していると思われます。

 

小学生時代は絵や漫画ばかり描いている子でした。

自由帳に少女漫画や4コマ漫画を描いていたのですが、

それをクラスメイトに褒めてもらえるのが嬉しかったです。

 

しかし、高学年になるにつれてやんちゃな男子たちから

 

「漫画とか絵ばっか描いててオタクだな!ダッセー!」

 

といった心ない言葉を浴びるようになり、当時は物凄く一目を気にする性格だったので、大好きだった絵を描くのを辞めて無理に校庭に出て、本当はやりたくもない昼休みのドッジボールに、陸上大会に参加したりしていました。

 

小学生とかだとどうしても運動できて明るい性格の子が人気あるじゃないですか。

当時は自分もそういう人にならないといけないのかな…という想いに駆られて無理に自分を作っていました。

 

その後中学受験に失敗し、滑り止めの中高一貫校に進学しました。

これが、私の人生における最初の長い暗黒期の始まりとなったのです…。

 

まず、私立の中高一貫校ということでとても勉強させられました。

学校が高い進学実績を出すためですね。

中学受験でも散々やらされたのにまた6年間勉強漬けか…

とうんざりしたのを覚えています。

私は数学が大の苦手で毎回テストで散々な点数しか取れず、

再テストでも毎回最後まで一人泣きそうになりながら残っていました。

 

 

部活は中1から高2の春までテニス部に所属していました。

小学生のときに植え付けられた「運動できなければ他人によく思われない」という

今思えばわけのわからない先入観から抜け出せず、大して好きでもないテニスをそれなりに一生懸命やっていました。

 

そしてこの中高6年間で何よりも大変だったのが人間関係です。

今では絶対に考えられないのですが、中学時代は友達に嫌われないようにグループ内の会話に必死についていったり、気が乗らない遊びの誘いにも無理して乗ったりしていました。

「明るくて話しやすくて男女共に人気のある私にならなきゃいけない」

そう思い込み精一杯自分を取り繕い、演じていました。

 

そんな私が唯一本当の自分でいられると思わせてくれたのが音楽でした。

 

両親の音楽好きが遺伝したのか、私も幼い頃から歌ったり音楽番組を見るのが大好きでした。物凄く話が長くなってしまうのでここでは割愛しますが、この人達に支えられて中高6年間を乗り切れたと言っても過言ではないくらい大好きなアーティストがいました。歌が好きだったということと、彼らのようになりたいという想いが強くなり、高1の頃から歌を本格的に習い始めました。

音楽好きの友達とカラオケに行って自分の歌を褒めてもらえたのがとても嬉しかったです。高3の文化祭では全校生徒の前で歌うという経験もしました。

 

私は歌ってる時が幸せで、生きてるって感じがする!!

 

そう思うようになりました。

 

高1の頃からバンド好きの友達の影響で邦楽のロックを中心に色々なバンドの音楽を聴くようになり、なんてかっこいい音楽なんだ…と感動したのを覚えています。

そして高3の時にあるバンドと出会い、これまで感じたことのない衝撃を受けました。

 

ロックが歌いたい、バンドでボーカルがやりたい!!!

 

大学生になったら絶対にバンドを組もうと決心しました。

 

高校生になってからは他人からどう思われるかは以前に比べて気にならくなり、気の合う友達とだけ付き合うようになりました。音楽に夢中だったので、部活も辞めて勉強もあまりしなくなり成績はどんどん落ちていきました。クラスメイトが受験勉強に必死になっている中、私は勉強に対するモチベーションはほとんどなくなり、親や教師がうるさいから嫌々やっていたという感じでした。

厳しい校則を破ってスカートを短くしたり派手な巻き髪をしたりして教師によく怒られ、完全に問題児として扱われていました。

当時の私は大人に従いたくない、こんなところ早く抜け出したいと毎日思っていました。

 

 

 

次の記事に続きます。